スプロケット交換 CS-5700 + 18T !




RINSEI号 の スプロケット 交換しました !

***

貧脚の私はロードを始めた当初から 12-27T を使用していますが

いまだに 10速 78-DURA フェチのため

現在も、ZANIAH と JARI-POTA号 には CS-7900 12-27T を装着しています。

ただ、RINSEI号 だけは CS-6600 13-25T

その理由は、お山は ZANIAH に任せて ・・・ と言ってもお山最近行きませんが ・・・ (^^;)

平地巡航専用車にしているからです。

CS-7900 の歯数構成は 12-13-14-15-16-17-19-21-24-27

私の場合、17T と 19T を多用するのですが

ちょっとした向かい風などの場合など、19T では軽すぎて 17T ではちょっと重い ・・・

ということがあって、18T の 入った CS-6600 13-25T を装着しているというわけなんです。

しかし、ここへきて歳のせいか ちょっとした短い坂でも

「やはり、27T は必要だな ・・・」

と感じるようになりました。

で、いろいろ調べたところ 12-27T に 18T を組み込む方法があることを知りました !


  
170407a.jpg


使用するスプロケットは CS-5700

歯数構成は CS-7900 と同じですが

CS-7900 は 17T と 19T が一体型となっているため 18T を間に組み込めません。

その点、CS-5700 は21-24-27T だけが一体型で 19T 以下はバラになってるので組み込みOK !

実は、105グレードはかつて一度も使用した経験がなくちょっと不安も ・・・

せめて アルテグラ で ・・・

とも思いましたが、CS-6700 には 12-27T の設定がないんですね。



170407b.jpg


組み込む 18T は CS-6600 用 (CS-6700用も同品番) で

CS-5700 とは表面のメッキがちょっと異なりますが 歯形は全く同じものだそうです

で、18T の代わりにどのギヤを抜くかというと ・・・

14T です。

本当は、12T を抜きたいのですが、12T 13T はツバ付きの特殊形状のため不可

というわけで平ギヤのなかで一番小さい 14T を抜いて

12-13-15-16-17-18-19-21-24-27

となりました。



170407c2.jpg


実際に装着して変速テストしたところ ・・・

全く問題なく変速します !

メッキの違いもオイルが付着すると判らないですね。

デュラ と 105 では変速性能が異なる ・・・

とかいう話も聞いたことがありますが、そんなことないですね

STI が ST7801、ディレイラーが RD-7800 と デュラ を使用していることもあるかと思いますが

実走しても CS-7900 との違いは感じず、スパスパと軽快に変速します ! (^∀^)ノ

重さは当然 CS-7900 の方が軽量ですが、その差 68g (実測値) で

逆に CS-6600 13-25T よりも軽量でした。

CS-6600 は14-15-16-17-18-19 も一体型なので重いのかもしれません。



170407d.jpg


上から見るとこんな感じ ・・・

いまのところ調子良さそうですが

もう少し使ってみて問題なさそうだったら

ZANIAH も JARI-POTA号 もこれにしちゃおうかな ・・・ (^^ゞ

  
  


 
 
スポンサーサイト

グラベルキング 28C




RINSEI号 の タイヤ 替えました !


  
170127a.jpg


先日、その乗り心地の悪さに閉口した グラベルキング 23C

やはり、定番の コンチネンタル GP4000S2 にしようかと思ったのですが

GP4000S2 は ZANIAH に装着しているので

同じような使用目的のロードが2台あってもつまらないかな ・・・

ということで

乗り心地は悪かったものの

グリップは好印象だったので

もう少し太い グラベルキング にすることにしました。



170222x.jpg


グラベルキングシリーズ には

ヤスリ目タイプ の 「クラベルキング」 と Semi Knob タイプ の 「グラベルキングSK」

の2種類があります。

グラベル走行の高さを求めるなら グラベルキングSK の方が良いのですが

RINSEI号に装着可能なサイズは 26C しかありません。

一方 グラベルキング には 28C があります。

タイヤパターンで選ぶか、エアーボリューム で選ぶか悩みどころですが

本格的なグラベルは JARI-POTA号 に任せるとして

軽めのグラベルを走行するならタイヤパターンよりも空気圧の低さの方が重要かな ・・・



170222a.jpg


ということで

グラベルキング 28C に決定 ~~~ !



170222b.jpg


太さを期待した割には

タイヤ幅の実測値は 26.0 ~ 26.5 mm (7.0 kgf/cm2 時 ) と やや細め ・・・

ひょっとして 28C のラベルが貼ってあるけど

26Cの間違いでは ・・・

と一瞬疑ったのですが、タイヤ整形時の刻印も確かに 28C になってるし

周長を測定したところ、確かに 28C の周長でした。

そ~言えば、23C も 実測 22 mm と細目だったな ・・・ (^^;)

あと、重さはカタログ値 270g となってましたが

258g と 260g 、チューブは R-AIR を使用したので

以前装着していた コンチネンタル4シーズン 28C (実測値 275g) よりも大分軽量化されました !



170222c.jpg


細かい砂利道、グリップも安定性も全く問題なし !



170222d2.jpg


こーゆー感じのところも



170222e.jpg


こーゆー感じのところも

舗装路用のタイヤとは全く別ものの走りです ! (^^♪



170222f.jpg


いろんな状態のグラベルと舗装路を交互に走りながら

空気圧を調整してみました。

7.0 → 6.0 → 5.0 → 4.5 → 4.0 と 試してみましたが

いまのところ

4.0 kgf/cm2 が 舗装路でも走りが滑らかで乗り心地も良く、一番合ってるみたいです。

荒れたグラベルではもう少し低い方が良いかもですが

この太さのタイヤではリム打ちの限界かもなので

当面 4.0 kgf/cm2 で走ってみようかと思ってます !

幹線道路等の整備された路面の多いコースには ・・・ ZANIAH
軽めのグラベルや荒れ気味の舗装路の多いコースには ・・・ RINSEI号
本格的なグラベルの多いコースには ・・・JARI-POTA号

というふうに使い分けて行こうかなと思ってます !

最近マイブーム の ・・・

多摩湖 ~ 狭山湖 コース には RINSEI号
新河岸川 ~ 伊佐沼 コース には JARI-POTA号

が最適かな !!! d(^-^*)

  
  


 
 

グラベルキング 23C




JARI-POTA号 の シェイクダウン に伴い

グラベル対応として 28Cタイヤ を履いていた

RINSEI号 のタイヤ を 23C に戻すことにしました。

***

ロード用タイヤは コンチネンタル GP4000S2 と決めていたのですが

"乗り心地良し" との評判の グラベルキング もどうかな ・・・・

ということで、もっとも評判の良い 26C にしようかと思ったのですが

19-23C用チューブの手持ちがあったことと

グラベル性能を問う必要はないのでは ・・・



170127a.jpg


ということで

グラベルキング 23C を チョイス !



170127b.jpg


なんか、細いです ・・・

実測 22mm

ある程度荒れた路面でも非常にグリップは良く

安心感がありますが ・・・

その乗り心地は ・・・

ハンドルに伝わる振動は半端なく ・・・

硬いです ・・・ (^^;)

GP4000S2 も 硬い乗り心地の部類ですが

それをはるかに上回ります ・・・



170127c.jpg


ということで

多摩湖往復の仕事を終えた タイヤは ・・・

ヤフオク行きとなりました ・・・ (^^;)




 
 

JARI-POTA号 完成 !




シクロクロスもどき車 組み立て完了しました !


  
170108a.jpg


一見、ロードとあまり変わりませんが ・・・



170108b.jpg


同じデザインで、ほぼ同じパーツを使用しているので ・・・



170108c.jpg


やはり、同じ自転車に見えますね ・・・ f(^^;



170108e.jpg


ただ、ブレーキが mini-V なのと



170108g.jpg


タイヤが太いので



170108f.jpg


後ろから見ると、大分雰囲気が違います。

左のロードは28Cを履いてますが、それでもタイヤの太さは歴然ですね。



170108d.jpg


あと、チェーンリング が 46T なのも 特徴的ですかね ・・・

***

シクロクロスのレースに出るわけではなく

砂利道をポタするだけなので ・・・

JARI-POTA号 と 命名しました !

全備重量は、9.8kg (ペダル、フロントライト、リアライト、ベル、サイコン、ボトルケージ 含む)

やはりロードより少し重いですが

家のまわりをちょこっと走ってみた感じでは

あまり重さは感じずに

意外とスイスイ走れて

ロードとの差はあまり感じませんでした。

坂はロードよりキビシイと思いますが

平坦路なら、あまり差はないかと思われます。

あと、空気圧 3.0 kgf/cm2 設定 の 35Cタイヤ の 乗り心地は抜群でした ! (^^♪

***

           ★ 使用パーツ一覧

            ・フレーム : クロモリ 4130R ELAN製 フルオーダー
            ・ハンドル : 日東 M106 NAS 26.0/400mm
            ・ステム : リッチー プロステム 100mm
            ・STI : シマノ ST-7801
            ・エイドアーム : TRP RL950
            ・FD : シマノ FD-CX-70-F-D
            ・RD : シマノ RD-6600SS
            ・ブレーキ : TRP CX8.4 mini-V
            ・クランク : シマノ FC-R700/170mm
            ・チェーンリング : シマノ FC-CX70/46T, FC-6750/34T
            ・スプロケット : シマノ CS-7900 12-27T
            ・チェーン : シマノ CN-7901
            ・ペダル : シマノ PD-A520
            ・BB : シマノ SM-BB7900
            ・ホイール : 手組
             ハブ : HB-6600, FH-6600,
             リム : TNI CX28
             スポーク/前輪 : DT SWISS チャンピオン 1.8mm
             スポーク/後輪反フリー側 : DT SWISS チャンピオン 1.8mm
             スポーク/後輪フリー側 : DT SWISS コンペティション 2.0-1.8mm
            ・タイヤ : コンチネンタル シクロクロススピード 700×35C
            ・サドル : サンマルコ ゾンコラン
            ・シートポスト : カンパニョーロ RECORD カーボン
            ・ライト : キャツトアイ HL-EL400
            ・テールライト : キャットアイ TL-LD155-R
            ・ベル : キャットアイ OH-2400
            ・サイクルコンピューター : キャットアイ CC-MC100W




 
 

シクロフレームやっと納品 !




昨年の秋に発注した ELAN の シクロクロス風フレーム

やっと出来上がってきました !

当初半年待ちとのことでしたが

使用予定のヘッドパーツの生産待ちやら

納品直前の塗装の不備の発覚等々 ・・・

なんだかんだで発注から一年経ってしまいました。



161222a.jpg


サドル、ハンドル、ホイール を 仮組して パチリ !

今回も素材はロードと同じく 4130R ですが

精度も出ていてなかなか良さそうです !



161222b.jpg


太いタイヤを履くので、ブレーキは当然Vブレーキ仕様です。



161222c.jpg


リアキャリア取付用のボス穴装備です !



161222d.jpg


ロードとはリアビューも違いますね !



161222e.jpg


ハンガー下がりは 75mm

普通、シクロクロス車は路面状況や障害物を乗り越えたりするため

ロードよりハンガー下がりの値を小さくして最低地上高を高くするのですが

私の場合、レースに出るわけではなく

河川敷の砂利道や林道を走るのが目的なので

タイヤが太くなる分、足つき性を良くするためにハンガー下がりを逆に大きくしました。

FD台座の位置は 46-34T 用 にしてあります。



161222f.jpg


タイヤ は コンチネンタル シクロクロススピード 700x35C です。

塗装は黄色一色なのでこれからロゴを入れて組み立て開始ですが

冬の寒さの中を走る元気がなくなってきてる今日この頃なので

来春の完成を目指してゆっくり組み立てようかと思ってます。

なんせ、来月で あらかん 卒業して、あらせぶ 突入ですから ・・・ (^_^;)ゞ





 
 
プロフィール

 らんぱぱ ↑ 不動峠

Author: らんぱぱ ↑ 不動峠



RUN ↑(ミニチュアダックス・レッド・オス)のパパということで「らんぱぱ」と呼ばれておりますです!
週末に荒川CR,名栗,奥武蔵方面を中心に走ってます~~~!
・所属チーム:タマレンジャー
・DBK (土手端会議) メンバー
・埼玉県新座市在住



RINSEI号


GDR ZANIAH

jp_ss03.jpg

JARI-POTA号


インターマックス X-LIGHT
 

BS CILVA F8F


BS トランジット ライト

p1.jpg

マツダ ロードスター NC2


since 2010.5.30



現在の閲覧者数

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Special Links


 

 

 

 

らんぱぱジャージ

いつもこれを着て走ってます~!

 

  runpapa_55をフォローしましょう

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR